タイ女性とお見合い体験記

実際にタイ人女性とお見合いすることにしました。

お見合いするためいは国際結婚業者を使わなくちゃならないんだけど
業者選びは相当苦戦しました。ある業者は日本にいるタイ女性を紹介してくれると言われたんだけど、どう考えてもあやしすぎました。

ある業者は面談へ行ったらすぐにでもお見合いへ行くべきだと強引にスケジューリングしようとされました。そんなこんなで業者選びにはちょっと大変な思いをしたのですが偶然発見したところですごく親切なタイ国際結婚業者を見つけられたのでそこを使うことにしました。

他のところと違い、まったくもって無理やりお見合いさせることもなく
こちらの希望どおりのスケジューリングで進めてくれました。
迷っているととりあえず見送るのもアリだと言ってくれたほどです。

本当に親身に相談に乗ってくれたため、思い切ったお見合いへ行く決心ができました。

いざ、お見合いへ出発

金曜出発で月曜の朝に帰国するスケジュールでタイ・バンコクへお見合い渡航です。
金額的にも20万くらいで行けちゃいますので、気軽にお見合いできます。
しかも、業者さんへの手配料金コミの金額です。

事前に希望する女性を伝えておき、相手へもこちらのプロフィールを見せた状態でのお見合いのため、双方が相手に興味ある状態でのお見合いのため、お互い本気です。

日本でお見合いとなるととりあえず会ってみよう的なところがあると思います。
しかし、タイ女性とのお見合いはガチな感じです。

いい人なら即婚約する気持ちで望んでいるため、ドキドキ感が半端ないですね。

タイの20代後半~30代半ばの女性6人とお見合い

コチラの希望として30前後の女性を希望していたため
20代後半の女性を含む、6人の女性と順番にお見合いしました。

相手女性は全員日本語しゃべれないため、通訳の人に同席してもらいながらの会話です。
そんなの無理だと思ってましたが意外と問題なく会話できるし、相手の表情をじっくり見ることできるため、どんな性格の人なのかよくわかりました。

通訳の人を介してのお見合いのメリットとして
女性と話すのが苦手なんですが、通訳の人を通じて会話するため逆に話やすかったです。

気になった人とデートすることに

6人のなかからスッゴク素敵な人が1人いました。

その人からもOKの承諾をもらったため、デートしました。
実際にデートしてみると、もうメチャクチャ楽しくってワクワクが止まりません。

そのまま婚約する方向で話を進めることにしましたが
その場では婚約せずに一旦帰国して再度タイへ行ってデートしてから決めることにしました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする